データ作成時の注意点

論文・資料・機関誌印刷専門サイト

株式会社小林印刷所

〒951-8028
新潟県新潟市中央区東湊町通
三ノ町2569番地
mail : info@kobayashi-insatsu.co.jp

025-222-8725

電話受付時間:AM9:00~PM5:00
(土・日・祝日は除く)

データ入稿に関して

お客様のデータをそのまま印刷に使用する場合
お客様のデータをそのまま印刷に使用する場合

基本的にPDF変換されたデータをご入稿いただくよう、お願いしております。PDFデータでご入稿いただければ、製作期間の短縮にもつながります。

PDFデータへの変換方法については、下記の資料「WindowsでデータをPDFに変換する手順」「PDF変換によるデータ変化に対するご注意」をご参照ください。またご入稿時には、「データ入稿チェックリスト」も併せてご活用ください。

当社にてPDF変換、組版製作をご依頼の場合
当社にてPDF変換、組版製作をご依頼の場合

お客様の用意された各種データに基づき、当社にてPDF変換や組版製作をご依頼される場合は、下記項目「各アプリケーションに関する注意事項」に沿ってデータの準備をお願いいたします。

またご入稿時には、「データ入稿チェックリスト」も併せてご活用ください。

各アプリケーションに関する注意事項

ワード・エクセル・一太郎データ入稿時の注意

印刷イメージの確認のためのものが必要です。
出力紙をご用意ください。(ワードなどからプリンター出力したもの、またはPDF変換したもの)

  • 文字にボールドやワードアートは使用しないでください。
    お客様のデータをそのまま使用し、PDFに変換する場合、ボールドなどが設定されていると実際より文字が太くなり、つぶれたような感じになります。
    また、ワードアートの完全再現は不可能ですので、予め設定を解除してください。
  • 画像、グラフなどが配置されている場合は必ず元のデータも一緒に送ってください。
  • カラー印刷の場合、100%の色再現は不可能です。
    (どうしてモニター上の色が印刷物では再現できない?を参照)ご了承ください。また1色印刷をご希望の場合はデータは黒1色で作成してください。
    ※詳しくは下記の資料を参照、またはお問い合わせください
イラストレーター入稿時の注意(CS5以降)
  • フォントはすべてアウトライン化してください。フォントの検索でなにもフォントがない状態にしてください。
    (その際、ロックの解除をお忘れなく!)
  • フチなしの頁がある場合は、出来上がりサイズより上下左右それぞれは3ミリずつ拡張したサイズでお願いします。
    詳しくは下記の資料を参照ください。
  • 出来上がり寸法の透明枠を必ず付けてください。
    またガイドラインに変換しないで残してください。
  • トンボはオブジェクト→トリムマークの作成でお願いします。
    (CS3の場合は、フィルタ→クリエイト→トリムマーク)
    その際、基になるサイズには線幅を0にしてください。
  • スポットカラーについて
    • 特色はすべてプロセスのCMYKに変換した状態での入稿をお願いいたします。
    • 特色の画像もプロセスのCMYKに変換した状態での入稿をお願いいたします。
    • ご自身で作成されたスポットカラーは入稿前に必ずCMYKに置換を願います。
    詳しくは下記の資料を参照ください。
同じフォント(フォント)が出ない?…の注意

お客様が作成されたものと印刷されたものでフォントが違ってしまったことはありませんか?
これは当社のマシンにお客様と同じフォントが入っていないために起こります。

当社使用のMacにしろ、Windowsマシンにしろ、全てのマシンに同じフォントが揃って入っているということは稀です。
そのため、入稿された原稿を当社で開いた場合、入っていないフォントは違うフォントに置き換わってしまいます。もしどうしてもそのフォントを使用したいということであれば、印刷に対応したPDFファイル(PDFファイルの作成方法参照)を作成してください。また、ワードでしたらフォントの埋め込みで回避できるかもしれませんので、以下の手順で行ってみてください。もしくは、フォントを当社に送っていただければ対応できます。(Windowsマシン内のフォントの検索方法参照)、もしくは当社で似たようなフォントに置き換えて作業いたします。

フォント名にHGがついたものはPDFファイルを作成しても埋め込まれませんので必ずフォントを送ってください。
イラストレーターならフォントは全てアウトライン化することによって問題解決が図られます。

【ワードでのフォント埋め込み】1、ワードオプションをクリック

1、ワードオプションをクリック

2、「ファイルにフォントを埋め込む」にチェック

2、「ファイルにフォントを埋め込む」にチェック

これはワード2007を元に説明しております。詳しくはお問い合わせください。
※補足情報「フォントはどこに入っているの?」も併せて参照ください。

印刷に関して

オフセットってどういうこと?
オフセットってどういうこと?

OFF……離れてというような意味ですが、元の版(PS版といって水と油<インキ>の反発性により、インクがのる画線部とのらない非画線部に分けられた板)と用紙が離れた状態でセットされることから名前がつきました。 右図のように版に付けたインクを直接紙 などに付着させず、版から一度ゴムシー ト(ブランケット)に移し、ゴムシート から改めて紙などに転移させる印刷方法のことです。

どうしてモニター上の色が印刷物では再現できない?

モニターでの色を表現する方式(RGBといいます)と印刷で色を表現する方式(CMYK)が全く異なるためです。
RGBは光の三原色といい色鮮やかな表現が可能で、人が認識できる色に近い領域を持っています。これに対してCMYKは色の三原色といわれるCMYに黒(K)を加えたものの4つの色の組み合わせによって印刷物は出来ていますが、RGBに比べると狭い領域の色しか再現できません。よって仕上がりが思っていたような色にならなかったりします。 当社もそうですが、極力RGBとCMYKの色の領域を近付けようと努力しています。

どうしてモニター上の色が印刷物では再現できない?
どんなインキを使っているの?

インキは大きく分けて2つあります。

  • 【染料:水や油やアルコールに溶ける。】
    • 天然のもの……貝紫、茜、藍
    • 人工のもの……石炭系の油をつかって合成
  • 【顔料:水や油やアルコールに溶けない。古来から使用されています。】
    • 天然のもの……煤などを獣の脂で練ったもの 岩絵具など
    • 人工のもの……鉄や鉛などの金属を煮たり焼いたりする過程で作り出されたもの印刷インキもこれにあたる。石油系の油や金属が使用されていることから環境汚染が問題となっているため最近はソイインキに変わってきている。
  • 【ベジタブルインキ:植物油を原料にしたもの。】
用紙の種類はどのようなものがありますか?

最終的な画像の品質は、印刷や用紙などの条件に大きく左右されます。

【アート紙・コート紙】
表面がツルツルして光沢があるもの。アートの方がより光沢がある。
アート紙は高級美術書、雑誌の表紙、ポスター、カレンダー、パンフレットなどで使用。コート紙も同じような使われ方をしますが、アートに比べてやや光沢が劣り、安価です。
【上質紙】
一般的な書籍に使用されます。
【中質紙】
新聞紙など。
【ファンシーペーパー】
紙自身に模様の入っているものなど。
オフセット印刷とオンデマンド印刷とは?

オンデマンド(On Demand)とは「要求があり次第にすぐに」という意味で、必要な時に少部数でも印刷できるという意味で使われることが多く、当社では Xerox 社の DocuColor 700DCPという印刷機でお客様のニーズにお応えいたします。

従来の方法(オフセット印刷)に比べ、少部数の対応、納期が早い、低価格、パソコンからデータを直接送れるなどの面で優れています。
従来の方法(オフセット印刷)では紙にインキを転写するのに必要な刷版の製作に費用と時間がかかります。一度に大量の部数を刷る場合には良いのですが、小部数を刷るには問題があります。

それに対し、オンデマンド印刷では、パソコンでコントロールできる印刷機によってコンピューターの電子情報を元に直接印刷します。たった1部でも必要に応じて気軽に印刷できますし、刷版の製作という工程がないので納期も大幅に短縮できます。ただし、大量のものはコスト的にオフセットの方が安価です。

【オフセット印刷】
【オンデマンド印刷】

当社の設備環境

【ハードウェア】
  • Mac(OS 10.7 /10.6/10.4)
  • Windows(WindowsXP/Windows7)
  • 出力機 CTP(Kodak trendsetter 800)
  • プリンター
    • ゼロックス DocuColor 700DCP(A3ノビまで)
    • エプソン PX9000(A1まで出力可能)
  • スキャナー
    • スクリーン Genascan5000
    • エプソン ES2000(簡易取り込み)
    • エプソン ET7600U(簡易取り込み)
  • サーバ
    • Apple XserverG5
【印刷機械】
  • COMPACT37 [KOMORI]
    最大:939mm×636mm/最小:544mm×362mm
    表面2色印刷
  • SPRINTⅡ26 [KOMORI]
    最大:636mm×468mm/最小:362mm×260mm
    表面1色印刷
  • SPICA26P [KOMORI]
    最大636mm×468mm/最小:297mm×210mm
    表面4色もしくは表面2色・裏面2色印刷
  • RYOBI3200CCD [RYOBI]
    最大:450mm×340mm/最小:130mm×90mm
    表面1色印刷
  • SRX010 [PLEXTOR]
    最大265mm×150mm/最小:80mm×45mm
    表面1色印刷
【ソフトウェア】
  • Adobe
    • Photoshop(Mac/Ver.CS6 Win/Ver.CS6)
    • Illustrator(Mac/Ver.CS6 Win/Ver.CS6)
    • Acrobat(Mac/Ver.10 Win/Ver.10)
  • 組版ソフト
    • キャノンEdicolor(Mac/Ver.10)
  • その他ソフト
    • 一太郎2007
    • Microsoft Office 2010
お問い合わせはこちら
info@kobayashi-insatsu.co.jp
025-222-8725
電話受付時間:AM9:00~PM5:00
論文・資料・機関誌印刷専門サイトの…小林印刷所です!
025-222-8725
お問い合わせ